プロフィール

Author:きのこちゃん


サイトマップ


最近の記事


カレンダー


ブログ内検索


最近のコメント


最近のトラックバック


リンク


RSSフィード


きのこへのメール


ブロとも申請フォーム


          

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新規開拓です。おどり寿司(おどりすし)



北バイパスに新しいお店を発見しました。回転すしの、「おどり寿司」です。
東バイパスから北バイパスに入って1kmくらいのところです。周りにあまり食べ物屋さんがないので目立ってます。
基本が一皿105円のお財布に優しい回転すし屋さんです。熊本では「九州すし市場」が100円すしではメジャーですね。この「おどり寿司」は初めてみました。興味津々で早速はいってみました。
このお店、店内写真撮影禁止なんです。知らずにパチパチ撮ってたら、やんわりとお断りされてしまいました。

この日はオープン記念で、店内ではライブ(誰がやっていたか不明)や、じゃんけん大会など開催されてました。思わずじゃんけん大会に参加してしまいましたわ。敗退しましたが。
こちらのシステムは、基本が2貫105円の青皿、ネタによっては1貫105円(数の子など)や2貫210円(有頭海老など)の赤皿もあります。ネタの種類は定番は一通り揃っていますが、変わったメニューはそんなに多くありません。
インスタントのお汁のサービスはなくて、汁物は210円からです。安売りしたいわけではなさそうです。
面白いのはお寿司を注文すると、新幹線の形状をしたコンベアーが席まで運んでくれる事。子供にはオオウケかな?お客さんが注文の品を取らないと、困った様に何度も同じネタがいったりきたりしてるのも面白かったです。

きのこは、あまり生物は食べないので、「たまごサラダ」だとか、「山芋の細巻き」だとかしか食べてません。生もの系すしネタは100円にしては大きく、美味しそうに見えました。夫は「ブタバラ」の握りが大きくて美味しかったと言ってました。

おどり寿司

おどり寿司(おどりすし)
住所:熊本県熊本市龍田陣内3丁目
MAP 地図
駐車場:あり
営業時間:11:30~22:00?
目安金額:1000円
スポンサーサイト

スマート美容整体 光と風(ひかりとかぜ)



最近おさぼり気味だった骨盤矯正体操に行ってきました。
私がお世話になっているところは、サンピアン近くの「光と風」さん。
こちらの骨盤矯正は、ボキッとかバキッとかはしません。ストレッチ体操みたいな感じで体の歪みを矯正してくれるのですが、リンパの流れが悪かったり、体が硬かったするとそれなりに痛い。

まず最初に体のゆがみチェックです。私の場合は右側がずれていて、まっすぐに立っているつもりでも、鏡で確認すると重心が傾いているのがわかります。また、まっすぐに寝てるつもりでも、まっすぐはこうですよ~と直されてしまいます。
そのあと、腰にバンドを巻かれ、先生に引っ張られたり、丸められたりしながら体のゆがみを矯正してもらいます。
私は右が歪んでいるためか、右の足をさすられても、右の手をさすられても痛いんです。左の方はなんともありません。 眉唾で始めた事なんだけど、体の左右でこうも差が出るとリンパの流れって大切なんだと認識せずにはいられませんでした。
終わった後には体はポカポカになりますし、足の長さも調節されているので、歩き方が変わります。骨盤も閉まるのでジーンズに少しゆとりができたりもします。人によってはトイレの回数が増えたりもするそうです。

私が受けているコースは「骨盤矯正」です。初回のみ、顔のゆがみ矯正もついているはずです。自宅でお店をされているので、親戚のおばちゃんの所に行くような感覚で通えます。次の予約を無理強いされる事もないですし、良心的なエステ?整体?だと思います。「次はいつ来たらいいですか?」って聞いたら、「気が向いたらおいで」とか「体調が悪くなったら」とか、商売っ気がないんですよね~。

スマート美容体操 光と風(ひかりとかぜ)
住所:熊本県熊本市上南部2-4-31
MAP 地図
電話: 090-5284-7660
駐車場:なし
営業時間:10:00~22:00
定休日:不明
目安金額:骨盤矯正1,570円

三加和温泉ふるさと交流センターの家族湯。ハート型に入ったよ♪



今日も家族湯ネタです。
ドライブ中、何気なくナビを見たら、平山温泉の隣りに、三加和温泉という表記があるではありませんか。平山温泉の隣りでしょ?きっとヌルヌル系に違いないという事で立ち寄ってみました。(きのこも夫もそんなに温泉好きというわけではないのですが、最近家族湯にはまってます)

南関ICの近くに、旅館のような佇まいの家族湯があったのですが、混んでいたのと、なぜか佇まいに気後れしてしまいそこはスルー。ちょっと車を走らせていると、「ふるさと交流センター」という町営温泉っぽい看板に家族湯の字を見っけ!初三加和温泉は、この町営温泉に決定です。

まずは自動販売機で券を買うのですが、家族湯は700円。という事は、家族湯代と大人300円の入浴券を人数分買うのかな?と思っていると、誰もそんな買い方してません。大人二人なら700円だけで良いそうです。安いですね~。びっくりです。

券を買ってから待ち時間の間に、100畳あるという大広間をのぞいてみました。ここでもびっくりしました。お風呂上がりのじいちゃん、ばあちゃんなのですが、皆さん自分のうちですか?って言うぐらいくつろいでいます。タッパーに漬物やおかずを入れて持ってきてワンカップ大関や、お茶を飲みながらワイワイガヤガヤ。中には横になって寝ちゃってる人も。のどかな田舎らしい時間のすごし方にちょっとにんまりしてしまいました。

こちらの家族湯は6室あり、それぞれに趣が違います。岩風呂や、ハート型、手すり付き等。ハートがいいなと思っているとハート型のお部屋に入る事ができました。
お湯は、アルカリ性単純温泉。軽めのヌルヌルです。口に含んでみましたが、塩気や金気はありませんでした。
ここは、かけ流しということで、お湯は惜しげもなく浴槽に注がれています。温泉でライオンの口や、岩の割れ目や、竹筒からお湯が注がれていても何とも思わないのですが、ここは水道の蛇口からお湯が注がれています。
小市民で、主婦のきのこは、水道からの水がジャージャーと流れていて、浴槽から水があふれていると「もったいないわ!」と思ってしまい、水を止めたくなってしまいました。でも水道のカランを撤去しているのでお湯の調節もできないし・・・悲しいさがです。
50分と短めでしたが、掃除もきちんと行き届いていて、家族湯にしては珍しく石鹸やシャンプーも備わっています。
水道のカランを撤去しているので、温度調節ができないのがちょっと残念なところですね。(熱くても薄める事ができない)


三加和温泉

三加和温泉 ふるさと交流館(みかわおんせん ふるさとこうりゅうかん)

住所:熊本県玉名郡三加和町大田黒768-1
MAP 地図
電話: 0968-34-2249
駐車場:あり
営業時間:09:00~22:00
定休日:毎月第1水曜日(祝日の場合は翌日)
目安金額:家族湯 700円(50分)
お店HP:三加和温泉 ふるさと交流館

春風に誘われて柳川でせいろ蒸し「元祖本吉屋」(がんそもとよしや)



春になりました。おひな様の季節ですね~。
ひなの国九州では、各地でいろんなお雛様にちなんだイベントが開催されています。今日は、「さげもん」で有名な、柳川に春を感じに行ってきました。

まずは、恒例の朝市での散策です。熊本ではあまり見かけない珍しい魚や、貝類が無造作に並べられた市場を周るのはとても楽しい。魚はまだ生きていたりします。さすが漁港のある町、活きが違います。
野菜の行商のおばちゃんは、芋の皮を器用にはぎながらお客さんの相手をしています。去年と何も変わらない風景に何か安心して、次は柳川の川くだりの乗船場あたりへ移動です。

乗船場のあたりは、さげもんが絢爛に飾り付けられていました。辺りが優しいピンクに染まり、とても春らしい!今日は寒かったけどなんだか心はポカポカでした。川くだりはしなかったのですが、「柳川ならあれでしょ!」という事で、お昼はせいろ蒸しを食べる事にしました。川の両サイドには何軒ものうなぎ屋さんが軒を連ねています。

柳川市内


どのお店も美味しそうだったのですが、川べりにあり白壁が感じのよい「元祖本吉屋」でお昼をいただく事にしました。
お値段がお手ごろ価格のせいろ蒸しは、うなぎも可愛いサイズだったするのですが、お手ごろ価格でないこちらのせいろ蒸しには肉厚なうなぎが1匹分。
薄切りたまごは真中に彩られています。タレの染み込んだつやつやに光るご飯は最後の一口までアツアツです。うな丼や重とは違うせいろ蒸しの美味しさがあります。肝吸いもセットになっていました。
最初にお吸い物に口をつけて、ちょっとぬるいなと怪訝に思ったのですが、アツアツのせいろ蒸しを食べて納得。やけどしそうに熱いご飯なので、口中を冷ますのにちょうど良いんですね。どうやら計算された技のようです。

春色に彩られた柳川で、川下りを楽しむ人たちや、せいろ蒸しをほおばる私達。ゆっくりと時が過ぎていくようでとても気持ちの良い春の一日でした。
本吉屋


元祖本吉屋(がんそもとよしや)

住所:福岡県柳川市沖端町26
MAP 地図
電話: 0944-72-3163
駐車場:あり
営業時間:11時~19時30分OS
目安金額:うな丼、肝吸い付き 1,800円 せいろ蒸し、きも吸い付き 2,300円
お店HP:元祖本吉屋

さん膳(さんぜん)のバイキング



菊陽の「さんふれあ」に初めて行きました。
歩行浴場もある温泉施設に、農産物の直売所、作り手の顔が浮かぶようないきなりだんごなどの加工品の販売。建物も広くて充実しているので温泉につかれば、ここで半日は過ごせちゃいそうです。

ここでのお目当ては、レストラン「さん膳」のバイキング料理。
バイキングは、土・日・祝日しかやってないそうです。
地元の食材をつかった野菜メインの家庭料理がずらりと並びます。
特にカレーは、真っ黒でちょっと甘みがあり、スパイシー。なかなかのもんでした。

温泉施設の、歩行浴場がとても気になるので今度はお風呂セットを持って行ってみたいと思います。

さん膳

菊陽町総合交流ターミナル さんふれあ内 さん膳(さんぜん)
住所:熊本県菊池郡菊陽町原水5359
MAP 地図
電話: 096-232-8690
駐車場:あり
営業時間:11:30~15:/17:30~21:00
目安金額:ランチタイムバイキング980円/ディナータイムバイキング1,200円
お店HP:さんふれあ

安くてびっくり「味の屋台村」(あじのやたいむら)



温泉で、すっかりつるつるになった後は、隣りの「味の屋台村」でお食事です。
威圧感のある門をくぐって中に入ると、しみじみと演歌がかかってます。先客の皆さんはお昼ですが、焼酎やビールを飲んですっかりご機嫌の様子。お風呂から上がって、一杯飲んでるおじさんは、「極楽、極楽、もう死んでもいい」と、また極端な発言をしてました。(気持ちはわからんでもないが・・・)まるで大阪の新世界あたりに迷い込んだかのようでした。

こちらでのお目当ては、ここの「馬丼セット」。
丼と味噌汁、小鉢、香の物で300円のびっくり価格です。
馬丼は、薄切りの馬肉と野菜を甘辛く味付けした物。黄色いのはナスのてんぷら。馬肉がさっぱりしてるので、てんぷらがいい味出してます。
お味噌汁は、温泉水で作ったそうです。具のお豆腐が、嬉野温泉の湯豆腐のように溶けてました。小皿は日替わりのようです。
お店の方に、「二人前で一人前の価格ですね~」とお話すると、「良い温泉が出たから、記念価格なんですよ」っておっしゃってました。

温泉も、食堂も独特の雰囲気で面白い体験ができました。温泉好きサンには、お勧めの温泉と、食事処です。
味の屋台村


味の屋台村(あじのやたいむら)
住所:熊本県合志市野々島502-1
MAP 地図
電話:096-242-6833
駐車場:あり
定休日:不明
目安金額:馬丼セット300円

コッペパンのコッペパン(こっぺぱん)



一度は食べてみなきゃと思っていた、黒髪の「コッペパン」のコッペパン。
店名にもなっているコッペパンが人気で、早く行かないと品切れでお昼には閉店になるほどだとか。

お世辞にも可愛いパン屋さんって感じではないお店のドアを開けると、ノスタルジックな雰囲気をプンプン漂わせているショーケースがあります。お昼過ぎに行ったのですが、噂どおり、ショーケースの中にはパンが数種類が数個しか残ってません。残り少ない中から、コッペパンとレーズンパン、アンパン、食パンを買いました。

噂のコッペパンは、ふわふわのモチモチ。多分マーガリンが塗ってあるのかな?表面はちょっと塩気があり、割りと大きめなのにぺろっといけちゃいます。素朴な味にファンが多いのも納得です。
最近は、天然酵母のハード系パンが人気ですが、懐かしいコッペパンの味に、こんなパンもたまにはいいなぁ~。と思いました。
コッペパンも美味しいのですが、食パンもまた美味しい!すごーく柔らかでトーストしないでそのまま食べてしまいました。

コッペパン


コッペパン
住所:熊本県熊本市黒髪6-13-30
MAP 地図
電話:096-361-1077
駐車場:あり
営業時間:9:00~16:00
定休日:日曜日、祝日
目安金額:コッペパン 90円 食パン200円



穴場?湯の屋台村(ゆのやたいむら)



今日すごい家族湯に行きました。
以前から風変わりな食堂と、温泉施設があるのは知っていたのですが、家族湯があると言う事が新たに判明したので、夫とさっそくリサーチ。

「屋台村」と言う食堂に併設された温泉施設は入浴料200円。その隣の家族湯は1時間1,000円の利用料。
手作り感たっぷりの建物に入るとすぐに脱衣場。建物の隙間をビニールシートでふさいでたりするのはご愛嬌。
あまり期待することもなく浴場をのぞいたのですが、意を反して大きくて立派な岩風呂があってびっくりしました。
さて、お風呂ですがヌルヌルとするお湯は肌に柔らかくて気持ちいい。温度もちょうどよいのでいつまでも入って入れるようでした。BGMは演歌です。
飲水ができるようにコップまで用意されていたので、少し飲んでみました。
鉄の匂いがきつく塩気があり重曹の味がして、美味しくないけどなんだか効能がありそうです。
竹筒から湯が流れ出ていて、その周りが赤く染まっているのは鉄分の仕業のよう。炭酸水素泉と書いてありましたが、気泡までは確認できませんでした。

気持ちよく入っていると、今度は排水溝に水が流れなくて、お風呂からあふれた水がどんどんたまってきてびっくり!!「やばい、やばい」と言いながら、なぜか落ちていた小枝で排水溝の掃除をして流れをよくして一件落着。

脱衣所の方にも水が流れ込んできたり、排水溝がつまったりとツッコミどころ満載でしたが、泉質はなかなかの物。
清潔な温泉に行きなれている人にはオススメできないかも知れないですが、ユニークなつくりと泉質のよさに、これはこれで、満足できる温泉でした。
そしてお風呂の後は、お隣の「屋台村」でお食事です。次回に続く・・・

湯の屋台村

湯の屋台村(ゆのやたいむら)
住所:熊本県合志市野々島502-1
MAP 地図
電話:096-242-6833
駐車場:あり
営業時間:6:30-22:00
定休日:不明
目安金額:大浴場 200円 家族湯 1,000円(1時間)
メモ:固形石鹸がありました

美味しいとんかつ屋さん「萬」(まん)



熊高近くの、「萬」(まん)に行きました。
一見、白を貴重にしたシンプルなカフェのようですが、実は美味しくて有名なとんかつ屋さんなのです。

メニューはとんかつを中心としたもので、お肉の種類でお値段が変わってきます。鹿児島の鼻ぺた黒ブタ、黒ブタ、りんどうポークと三種類あります。きのこは、一番お手ごろだったりんどうポークのヒレカツセット(1,250円)、夫は串揚げのセット(1,050円)をお願いしました。

こちらのカツのパン粉はとても細かで、カツが全く油っぽくありません。ヒレカツは中がほんわかとピンクで、絶妙の熱の入り具合。
ソースは甘口ソースと辛口ソース。それと「極楽塩」と言う大変結晶の細かな塩が用意されてます。私はピリ辛の辛口ソースが気に入りました。

串揚げのセットには、カツ、エビフライと5種類の野菜がセットになってます。カツも美味しいし、エビはぷりっぷり。野菜もブロッコリーやスナップエンドウなどおなじみの物から季節の物まで。いろいろな食材を楽しめ、串揚げ屋さんの串のようでまたとんかつとは違った美味しさがあります。

セットは、ご飯、味噌汁、小皿、香の物です。

萬

黒豚とんかつの専門店 萬(まん)
住所:熊本県熊本市新大江1丁目16-8
MAP 地図
電話:096-361-1077
駐車場:あり(2台)
営業時間:11:00-14:30(日曜は昼の営業なし) / 18:00-21:00
定休日:月曜日
目安金額:ミックス盛り合わせ定食 1,050円~

鯖の美味しいレシピ 「元気が出る照り焼き」



この時期、真鯖が美味しくて、安く手に入ります。鯖も、青鯖、ゴマ鯖といろんな種類がありますが、やっぱり真鯖が一番美味しいらしいですね。
きのこは魚好きなので普段から魚を良く食べます。鯖を煮付けにしたり、焼いたりして楽しんでましたが、最近ちょっと飽きたかな~。

ネットで検索しているととても美味しそうなレシピみっけ!
早速きのこ風にアレンジして試しちゃいました。
これが簡単にできて、美味しくてご飯たくさん食べれちゃいます。
備忘録代わりにレシピ上げときます。

「鯖の元気が出る照り焼き」

※※※ 材 料 ※※※
鯖 1匹
しょうゆ 大さじ2
さとう 大さじ1
酒 大さじ1
水 1/3カップ
にんにく 1かけら(お好み)
鷹のつめ (お好み)
油 適量
かたくり粉 適量

1 鯖に片栗粉を薄くまぶす
2 小さめの鍋、もしくはフライパンに油を敷き、にんにく(みじん切り)、鷹のつめを炒める。香りが出たら、鯖を両面色よく焼き上げる。
3 調味料と水を入れて煮詰める。

鯖

山鹿といえば、「かにおじや」ですねぇ~食処彩座(いろどりざ)



山鹿は、「馬カレー」(過去記事1, 過去記事2 参照)を新名物として売り出していますが、昔から「山鹿と言えば、かにおじや」だったそうです。かにおじやの名店が、「味よし」(閉店)で、その息子さんがお店を出されているのが、「彩座」(いろどりざ)。山鹿の観光パンフレットにも美味しそうに写真が出ているので一度食べてみたいと思っていました。そしてやっとその機会が!

彩座さんは八千代座の近くにお店を構えてあり、内装は八千代座そのもの!八千代座の天井広告のミニチュア版が、店内を彩ってます。
福岡から来た同僚は、太平燕(タイピーエン)と馬刺しとホルモン煮込みがセットになって、1,050円という、お得な熊本丸かじりコースを選びました。私は「かにおじや」(850円)を注文しました。

土鍋の中をのぞけば、卵を持った川がにと、かに味噌が溶け出したと言う黄色い出し汁。川がに特有の、あの香りが立ち込めます。私にとって川がにと言えば、じいちゃんと一緒に川に網を仕掛けに行ったりしたなつかしの味。濃厚な雑炊に懐かしさも相まって心も体も温まりました。

またまた山鹿で新発見。熊本っておいしいなぁ。ごちそう様でした。

彩座

食処彩座(いろどりざ)
住所:山鹿市山鹿1699
MAP 地図
電話: 0968-43-8880
駐車場:あり
営業時間:11:30~14:30/17:00~23:30
定休日:月曜日
目安金額:大平燕セット1,050円 かにおじや 850円
お店HP:食処彩座

粋なケーキ屋さん「MIYUKI」(みゆき)



阿蘇市内牧にあるケーキ屋さんの「MIYUKI」さん。名前だけは聞いていたのですが、こんな粋なお店だとは思っていませんでした。
外観はシックなグレー。店内は、バレンタインが近いからなのか赤を基調とした大胆なディスプレイ。撮影しなかったのでカッコ良さを伝えれないのが残念です。

ケーキは、名前も形も斬新!「大黒柱」というケーキは、ガトーショコラが縦にすくっとそびえたっています。
ひねりのあるケーキなのにお値段はぐっとお手ごろ。
ケーキを三個とシュークリーム一個買っても1,100円でした。
もう一つびっくりしたのが、ケーキを一個一個丁寧にカバーしてくれる事。小一時間車に揺られて熊本市内に持ち帰っても、ケーキは崩れる事無くきれいなままでした。

心遣いにセンスのよさ、このお店ただもんじゃない気がします。

miyuki

パティスリード・アソ・ミユキ
住所:熊本県阿蘇市内牧224
MAP 地図
電話:0967-32-0153
駐車場:あり
営業時間:09:00~19:00
定休日:火曜日
目安金額:阿蘇の窯だしシュークリーム105円~

ゲルマンハウスでコースランチ



県庁の東門近くにヨーロッパの薫りを漂わせたレストランがあります。阿蘇の「阿蘇ナチュラル・Jファーム」の直営レストラン「ゲルマンハウス」。ハムやソーセージメインのイメージがあってなかなか出向く事がなかったのですが、今日はじめてランチをいただいてお気に入りのお店の一つになりました。

店内はヨーロッパ調でとーってもゴージャス。
ランチメニューには、メイン料理が選べる、ミュンヘンと、ベルリン。その他にハムステーキのコースなどもあります。
ミュンヘンは、付きだし/メイン/スープ/パンorご飯/コーヒーで1,500円。
ベルリンは、付きだし/オードブル/メイン/スープ/パンorご飯/デザート/コーヒーで2,000円。
選べるメインは、ソーセージの盛り合わせ、ハンバーグ、ポークステーキ、ポークカツレツ、カレー、本日のお勧めなどの中から選びます。
今日は、オードブル付きのコースにして、ポークステーキと本日のお勧めの「牛肉のビール煮込み」をお願いしました。

オーダーを聞いてから、それぞれのテーブルセッティング。カトラリーは銀食器で有名はクリストフルです。ランチといえども手抜きはありません。
まずは、付きだしのソーセージ3種とザワークラウト。ソーセージにはヒレ肉を使用したものも。(すでに、ワインを頼まなかった事を後悔)
オードブルは、和牛のたたき、スズキのエスカベッシュ(カレー風味)、ベーコンのキッシュ、サーモンのマリネ。どれも美味しかったです。

スープは人参のポタージュ。パンは、カイザーセンメル(ドイツパン)でした。
そしてメインの「ポークステーキ」厚みもありボリューム満点です。
「牛肉のビール煮込み」は、夫がヨーロッパで住んでいた頃にも良く食べていたそうで、懐かしの味だったようです。ビールで煮込まれた肉は柔らかくてナイフの必要も無いくらい。甘みの少ないビーフシチューのようで美味しかったです。付け合せは蕪やジャガイモを柔らかく煮た物。ポトフだったのかな?サラダもあったのですがもうお腹いっぱい。
最後のデザートとコーヒーは別腹ですね。これも美味しくペロ♪

美味しいお料理とステキな雰囲気に大満足。ごちそうさまでした。
次はディナーに行ってみたいなぁ。

ゲルマンハウス

ゲルマンハウス
住所:熊本市水前寺6-38-16
MAP 地図
電話:096-382-2555
駐車場:あり
営業時間:11:00~16:00(ランチ) ~21:00(ディナー)
定休日:不定休
目安金額:ランチ 1,500円~ /ディナー コース3,000円~
お店HP:ゲルマンハウス

誰も知らない朝ご飯だっけ?マックグリドルいただきます♪



あのCMに触発されて、休日の朝マックに行きました~。
そして、マックグリドルに初挑戦!

ワクワクしながら、包みを開けるとあまーい香りが漂います。柔らかそうなパンケーキには「m」の型がついていて、美味しそうな焼き目です。中身は、ソーセージと卵とチーズ。ソーセージエッグマフィンと同じですね。

ふわふわのパンケーキにはメープルシロップがおり込まれていて結構甘い。そしてソーセージの類はしょっぱい。この組み合わせ、美味しいのか、美味しくないのかよく判りません。きのこ的には、半分も食べると分解して(パンケーキはパンケーキでソーセージはソーセージで)食べたくなってしまいました。アメリカでは定番の組み合わせのようですね。今後は女性を中心に流行るんでしょうか?

マクドナルド

マクドナルド
スマイル+クーポンを印刷していくとお得です。


サイトマップ作成しました



まだ記事を書き始めて3ヶ月足らずですが、記事数も増えてきて過去の記事への見通しも悪くなったのでサイトマップを作成しました。
FC2ブログのテンプレート工房さんのブログのサイトマップの作り方を参考にして組み込みました。
サイトマップは左カラム上にあるサイトマップのリンクからたどる事ができます。
こうやって見てみると、たくさんいろんなところに行っているなーと感じます。

露天風呂もあるよ~山鹿温泉家族風呂「山伏」(やまぶし)



土曜日にまた山鹿の家族風呂に行きました。(前回の記事はこちら)
最初は山鹿の北にある平山温泉の家族湯に行ったのですが、どこに行ってもすごい人。
待ち時間も長そうなのであきらめて山鹿市内の、「山伏」に行きました。

ここは、1,200円・1,300円・1,500円のお部屋があります。
1,200円のお部屋は、内風呂と露天風呂の二本立て。
1,300円以上のお部屋は冷泉もついてるそうです。
1,200円のお部屋の空きがあったので、自販機でチケットを購入。
時間は60分。

オーソドックスな内装の内風呂は熱め。庭園風の露天風呂はちょっとぬるめ。
ほてった体を露天で冷やしながら入れば湯あたりも防止できてなかなか良かったです。二個もお風呂があるのでファミリー向けの家族湯ですね。
泉質は、アルカリ性単純放射能(ラドン)温泉で、とろっと感はなくて、口に含んでも特に味はしませんでした。

山伏

山伏(やまぶし)
住所:熊本県山鹿市中1028
MAP 地図
電話:0968-43-3340
駐車場:あり
営業時間 11:00~2:00 (土日は10:00~)
目安金額:1200円~1500円程度(大人2名)

いきなりだんごの兄弟?「鬼まんじゅう」(おにまんじゅう)



夫が名古屋経由で出張から帰ってきました。
今日のお土産は、セントレアで買った「鬼まんじゅう」。
まんじゅうなんて書いてあるから、てっきりあんこのお菓子かと思いきや、箱の中から出てきたのは、黄色いねっとりとした物体。
レンジでチンして、パカっと割ってみると中身はサツマイモ!
サツマイモの角切りを小麦粉であわせて蒸した、素朴な素朴なおまんじゅうでした。味は、私たちおなじみの、「いきなりだんご」にそっくり。
いきなりだんごのあんこ抜きです。なんだか名古屋に親近感が沸いてきました。

鬼まんじゅう

浪越軒
住所:名古屋市守山区八剣1-311
電話:052-799-2681
購入先:セントレア内

嫌がらせバーガーにびっくり!「リトルキッチン」



県立大の近くにある「リトルキッチン」に行きました
ここはお酒も飲めるし、食事もできると言う便利なお店。
世界各国のビールを集めているので、飲み比べも楽しいです。

今回はドイツビールを飲みました。名前は失念。
最初の一口はほんのりとした苦味を感じるのですが、二口目からは軽い口当たりで美味しいビールでした。
こちらはお食事の名前もユニーク。
「嫌がらせバーガー」と言う意味深なネーミングのハンバーガーは,とてもビック。人の顔ぐらいの大きさがあります。中身はハンバーグに、ベーコンに、目玉焼きにと具沢山。上品に食べる事はできないので覚悟して召し上がってください。

「世界一のえび」はシンプルに湯がいただけのえびなんだけど、これもえびが甘くて美味しいのです。チリソースが添えられてましたがソースなんて必要なしの美味しさです。
「ロコモコ」はトッピングをタンドリーチキンと塩ハンバーグから選べました。今回はタンドリーチキンをチョイス。カレー味が利いたチキンがのったロコモコ、おいしかったなぁ。

リトルキッチン
住所:熊本県熊本市熊本市月出2-6-15
MAP 地図
電話:096-368-2621
駐車場:あり
営業時間:11:00~15:00/17:30~22:00 ※祝日は17:30から
定休日:日曜
目安金額:いやがらせバーガー 960円程度
リトルキッチン

念願の「寒菊」(かんぎく)を食べることができました!



もう10年ぐらい前に読んだ「サライ」(渋い!)に掲載されていた梅寿軒の「寒菊」。何ヶ月もかけて冬の間だけ作ると言う記事を読んでいつか食べてみたいと思っていました。

購入するにも予約制なので敷居が高くてなかなか買うこともできなかったのですが、やっとやっと買う事ができました。福岡三越の菓遊庵で二個入り300円ぐらいで。

10年間私の頭の中でずっとイメージを暖めつづけていた「寒菊」は、何回も何回も蜜をかけて固めた砂糖の白い衣の中には、何かねっとりとしたあんこのような物が入った重厚な味わいの物でした。
ところが食べて見ると、想像とはまったく違う上品で軽く素朴な干菓子だったのです。生姜糖がかかっているとこや、せんべいのような食感は、「柴舟」あたりによく似ています。
想像とまったく違っていたのですが、あっさりとした美味しいお菓子でした。

このお菓子は、毎年12月~2月にかけての寒い時期に仕込みを始め、ついたもちを1ヵ月間乾燥させ、その後1年間低温庫で寝かせて焼き上げます。焼いた餅に生姜を入れた砂糖をかけ2~3週間乾燥させやっと出来上がり。まるで費やされた時を食べているお菓子です。
このお菓子の姿は菊の花なのか、葉なのか。積もった雪なのか霜が降りたとこなのか好きなように想像してください。

寒菊
菓子皿:砥部焼 白山窯

梅寿軒(ばいじゅけん)
住所:長崎市諏訪町7-1MAP 地図
電話:095-822-0977
目安金額:8個入り 1,260円
お店HP:梅寿軒
三越の菓遊庵でも買えます。入荷はご確認ください
 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。